老舗和菓子店「亀屋万年堂」、「自由が丘ベイクショップ」とのコラボレーションにより1日200個限定の〈亀屋のあんぱん〉を発売開始。スマイルズはブランディングを担当。

2016.10.25(火)

老舗和菓子店「亀屋万年堂」(本社:東京都目黒区 代表取締役社長 引地大介)は、このたびベーカリーショップ「自由が丘ベイクショップ」とのコラボレーションにより、新商品〈亀屋のあんぱん〉を販売開始いたしましたので、お知らせいたします。本商品は、亀屋万年堂 自由が丘駅前店のみでの販売となります。 ※株式会社スマイルズ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長 遠山正道)は、〈亀屋のあんぱん〉のブランディングおよびPRを担当しております。

1日200個しか作れません

〈亀屋のあんぱん〉は、毎朝「自由が丘ベイクショップ」のパン職人が一つ一つ心を込めて、生地から作り、焼き上げます。 使用するあんこは、亀屋万年堂創業当初から変わらぬこだわりをもって練り上げたもの。
焼き立てをおいしく召し上がっていただきたいので、1日200個しか作れません。ぜひその日のうちにお召し上がりください。
002.JPG

自由が丘生まれのあんぱんです

78 年前に自由が丘の地に創業した和菓子店「亀屋万年堂」と、ベーカリーショップ「自由が丘ベイクショップ」とのコラボレーションにより生まれた〈亀屋のあんぱん〉。
昔ながらの自由が丘と新しい自由が丘、そのどちらも存在するのがこの街の魅力であり、〈亀屋のあんぱん〉が生まれた理由でもあります。 003.jpg

〈亀屋のあんぱん〉 3 つのこだわり

● どこを食べてもあんこを堪能 あんこという和菓子の伝統と、世界各国で昔から愛されるシナモンロールの伝統的な編み方。 伝統×伝統が、新たなあんぱんの表現を見出しました。

● 北海道産小豆を使用 あんこに使用している小豆は、北海道産の大粒揃い。定期的に北海道の生産者さんを訪れ、 小豆作りにかける想いとともに栽培方法や特長などのお話を伺います。

● 6種類の豆がごろごろと 小豆の他に、青えんどう、手亡豆、金時豆、ひよこ豆、赤えんどうを使用。彩り美しく、さらに舌の上で感じるそれぞれの豆の風味をお楽しみいただけます。 kameya.JPG


〈亀屋のあんぱん〉について

商品名
亀屋のあんぱん
販売価格
5個入り 1,500円(税込) 1個 300円(税込)
販売店舗
亀屋万年堂 自由が丘駅前店
9:00 ~ 20:00(※売り切れ次第、販売終了)
 
販売元
亀屋万年堂
協力
■製造:自由が丘ベイクショップ
■企画プロデュース:whav.
■PR、ブランディング:Smiles
 

上記に関するお問い合わせ
株式会社スマイルズ 広報部
担当者
蓑毛 萌奈美 / 原田 理恵 / 星 久美子
Email
press@smiles.co.jp
Tel / Fax
03-5724-8522 / 03-5724-2362
この記事をシェアする

お知らせ一覧へ

Smiles: