株式会社スープストックトーキョー、「イクボス企業同盟」に加盟

2017.06.01(木)

株式会社スープストックトーキョー(本社所在地:東京都目黒区、取締役社長:松尾真継)は、2017年5月31日(水)、特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン(代表理事:安藤哲也)が運営する「イクボス企業同盟」に加盟いたしましたので、お知らせいたします。

イクボスとは

「イクボス」とは、特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパンが提唱・推進している人物像のことで、「職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を共に楽しむことが できる上司(男女の経営者や管理職)」を指します。


スープストックトーキョーの〝イクボス宣言″

スープストックトーキョーは、『世の中の体温をあげる』を企業理念としており、ただスープを売るのではなく、スープ、空間、ヒトを通してお客様の体温を上げていきたいと考えています。 そのためには、働く仲間が互いの体温を上げていくことはとても大事なことです。 イクボス企業同盟への加盟をきっかけに、育児や介護をしながら働く人達にとっての『なんでこうなっちゃうの?』を変えていくことに対する意識を高め、仕事に対するやりがいはもちろん、時間の使い方、仲間同士の理解、助け合いの文化をさらに推進していきます。


スープストックトーキョーのママ・パパ応援プロジェクト

スープストックトーキョーでは、ライフステージに合わせた働き方のサポートの一環として、子育てしながら働くママ・パパを応援しています。
業務面・精神面ともにサポートすることを目指し、産休・育休取得後の復帰面談と「Welcome back 研修」を実施。先輩ママ・パパとの繋がりをつくるために、座談会や家族で参加できるクリスマス会などのイベントも開催しています。男性の育休取得実績もあり、今後も推進して参ります。


papamama.jpg
この記事をシェアする

お知らせ一覧へ

Smiles: