これからのこと

妄想中

スマイルズ生活価値拡充研究所

T6は、「とっても好きなんです、この6つ」の略である。メニューは、餃子、もやし、マカロニサラダ、麻婆豆腐、フライドポテト、たまごサンドの6つ。顧客の要望により、定期的にメニューは入れ替わる。アナタは何がお好き?

妄想中

スマイルズ生活価値拡充研究所

ある朝、ジョン・リーが野菜ジュースを飲んでいると、雷に打たれたような顔をして突然叫んだ。「クミコ、私はいま、あなたと共に、世の中を根底から覆すような、全く健全なアイディアを思い立ったんだ!」その二年後、東京の駒沢公園の裏に、漢方と野菜ジュースをあわせたスタンド「John Lee's Medicinal Juice」が誕生したのである。

これからのこと arrow

これまでのこと arrow

これまでのこと

スマイルズ生活価値拡充研究所

朝、レモン色の光りのなかで目覚める。
「瀬戸内国際芸術祭2016」にて、檸檬ホテルというアート作品であり、実際に泊まれる宿を発表します。芸術祭期間中に限らず、鑑賞と宿泊が可能な作品です。ここには、平面や立体の作品はありません。作品があるとすれば、それは鑑賞者の胸の中で、少しざわついた、遠い記憶のような何か。
http://lemonhotel.jp/

PASS THE BATON

PASS THE BATON KYOTO GION内に併設されている飲食スペース。PASS THE BATONは、「もてなす」「もてなされる」その両方の心を忘れず、この国にある美意識をお茶を通して伝えたいと考えています。月替わりで1年中お楽しみいただけるかき氷やお茶をベースにしたカクテルなどをご用意。

Recycle, Remake, Relight

PASS THE BATON

一点ものの魅力を放つリサイクル。企業の倉庫で眠っていた物やちょっとしたキズ物などにセンスとアイディアで付加価値を加えるリメイク。 一度舞台を降りたモノたちにもう一度光を当てるリライト、これらが私たちの考える'NEW RECYCLE'です。

ネクタイには
体温がある

giraffe

4つの体温でネクタイを分けています。
34℃:目を閉じる。目を開く。静寂の世界がある。
36℃:普段の自分、知性と親しみ。
38℃:反骨の気概とユニークネス。一歩前に踏み出してみる。
40℃:自分を剥いてみよう。あばれてみよう。人生を楽しもう。

NEMIKAは
「根」と
「実」と
「花」

スマイルズ生活価値拡充研究所

「ファッションは、ファッションのためにあるのではない。人の生活の、最低の必要であり最高の表現である。」 45周年を迎えたレリアンの新しいブランドNEMIKAのプロデュース、アートディレクションを担当。
http://nemika.jp/

ワタシノ
タカラバコ

スマイルズ生活価値拡充研究所

あなたの大事にしていることって何ですか?モノ、コト、ヒト、いろいろあると思います。何が入っていて、何を出して、何を入れるのか。一人ひとりが、一人ひとりのタカラバコを。

NO SIDE TIE

giraffe

どちら側が勝ちでどちら側が負けか、正解か不正解か、正義か悪か、イケテルかイケテイナイか、高く遠くから見つめてみれば一つである。同じである。味方になる。

届けたいのは
料理です。

SoupStockTokyo

私たちが日々取り組んでいるのは、丁寧に食材を選び、その特性を生かして料理をすることです。一杯のスープで、誰かの一日や一生を変えることが出来るかもしれない。スープという「料理」のもつ力を届けたいと思っています。

SoupStockTokyo

スマイルズはJAL(日本航空株式会社)が機内食などを通じて取り組む、世界に向けた日本の食文化の発信に深く共感し、2008年6月よりJALと機内食の共同開発をスタートしました。

PASS THE BATON KYOTO GION

PASS THE BATON

京都市が保有する築120年の伝統的建物を片山正通氏(Wonderwall)と共にリノベーション。 "すでにあるものを大切にし、新たな価値を創造する"というPASS THE BATONのコンセプトを、建物から表現した店舗です。京都の伝統工芸とのコラボレーションアイテムも展開中。

誰かが大切にしていたものは、また他の誰かの宝物になるかもしれない

PASS THE BATON

個人から集めた想い出の品物や、 すごく愛用していたけれど今は使わない、でも捨てるのは惜しい。 そんな品物を、大切に使ってくれる次の方へ、 持ち主の顔写真とプロフィール、品物にまつわるストーリーを添えて販売しています。

余計なものは
使わない

SoupStockTokyo

"余計なものを添加しない"、という信念を持っています。化学調味料や保存料に頼らない一番の理由は、素材のもつ「おいしさ」を届けたいから。「安心」「安全」はもちろん、「おいしさ」のために工夫や知恵を絞っています。

giraffe

giraffeのデザインにネガティブな要素を使用することは禁止しています。たとえば、ドクロ・迷彩・血など、ネガティブを連想するものは一切使用していません。

新潟産ハートを
射抜くお米の
スープ 300円

スマイルズ生活価値拡充研究所

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」に、アーティストとして作品を出品。コンテクストは、「食×技術×おもてなし」。食はスープ、技術はデンソー、おもてなしはわれわれ生身の人間でしかできないこと。
http://art.smiles.co.jp/echigo-tsumari2015/

河口湖畔にある
社員別荘

Smiles

河口湖畔にある古民家を改装した社員別荘「Zing」。日本の伝統と知恵と技と時間と、無印という現在の技術が出会って、世界のどこにもない、今すぐにも出来上がらない、北欧でもNYでもない、まさに現代の日本の住まいになりました。

生活価値の
拡充

Smiles

スマイルズの企業理念は、「生活価値の拡充」
慌しい日々の中に見落とされている当たり前のことに、新しい価値を見出し、それを丁寧に磨きあげて、ひとりでも多くの方にお届けしたい、そういう思いを企業理念にこめています。

Smiles

5感とは、スマイルズらしさを表現した、低投資高感度、誠実、作品性、主体性、賞賛の 5つの感性を表す言葉。私たちの行動指針です。

smiles:

代表

遠山 正道

プロフィール

© 2016Smiles Co., Ltd.

代表
遠山 正道

1962年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、85年三菱商事株式会社入社。2000年株式会社スマイルズを設立、代表取締役社長に就任。