"ハワイ産"の笑顔を世界へ

"ハワイ産"の笑顔を世界へ

プロフィール

Soup Stock Tokyo 海外営業グループ小山 麻未

東京生まれ。幼少時代をハワイで過ごす。大学卒業後、2012年にスマイルズへ新卒入社。Soup Stock Tokyo Echika表参道店、ルクア大阪店でのASMを経て大きな業務改善を行い、2014年5月アトレ恵比寿店に店長として抜擢、恵比寿店の歴代最高売上記録更新。2014年度VP賞受賞。その後、2015年4月より海外事業部へ異動、シンガポールへ赴任。

自分の意思をもって生きる。
就職活動中、意識していたことは「意思を持って生きる」ということ。決まったタイミングでみんなが黒いスーツを一斉に着て将来について考えるという状況をみて、とにかく自分はそこにはまりたくなかったんです。「周りがそうだから」とか「社会的にそうだから」などの言葉って、自らの意思がない証拠。小学校までをハワイで過ごしたことや、父親の仕事への価値観も加わり、「意志を持つ」ことへのこだわりが常にあった中で、就職活動そのものがとても画一的なものに思えて、強く違和感を感じていたんです。会社説明会に参加するまでSoup Stock Tokyoさえ知らなかった私ですが、この会社で活躍して、海外進出に関わると心に決めて入社しました。

悔しい、頑張る。の繰り返し
1年目で目指していた新人賞を逃したことが、自分の働き方を変える大きなきっかけでした。まずは、目の前のパートナーやお客様のことを大事にすることに注力し、どうやったらチームで結果を出せるかをひたすら考え、実践しました。とてもシンプルですが、これができたからこそ成果がついてきて、その後店長を任せてもらえたのだと思います。Soup Stock Tokyoがシンガポールに店舗を出した時ももちろん手を挙げましたが、すぐにはチャンスを掴めず悔しい経験をしました。でも、どうやったら信頼してもらえるかを考え、任された店舗でパートナーを巻き込んで結果を出せたことがきっかけとなり、今年の4月、念願のシンガポール行きを手にしました。

世界にスマイルズの価値観を伝える伝道師になる
シンガポールでやりたいことはたくさんあります...。当然Soup Stock Tokyoというブランドを拡げることがミッションですが、やっぱりスマイルズの掲げる価値観を知ってもらいたいです。そのためには、自分自身が価値を拡げる人にならないといけないし、一緒に拡げてくれる仲間を作らないといけない。シンガポールの人たちへ、Soup Stock Tokyoを通してスマイルズの価値感を拡げ、ゆくゆくは「あ~あのスマイルズね!」と言ってもらえることが、ゴールのひとつです。そしてその先にシンガポール以外の国への展開にも関わりたい。いつか、自分自身が幼少期に過ごしたハワイで仕事をするためにも、チャレンジを続けたいと思います。

2017年度新卒採用 募集要項

新卒採用 募集要項

Smiles: